交流分析
交流分析(TA=Transactional Analysis)は、「精神分析の口語版」とも言われています。
1950年代半ばに、アメリカの精神科医であったエリック・バーン博士によって創始されました。

交流分析は、個人が変化し成長するための体系的な心理療法のひとつです。  
自分がこうありたいと思う方向へ自分を変化させること、つまり成長させることができます。

人と人が出会えばそこにコミュケーションが生まれます。         
交流分析は、心を人と人との交流の中で分析する「コミュニケーション心理学」とも呼ばれています。 自分自身の心と行動の特性を知ることにより、より快い対人関係を築くヒントにたくさん出会えます。

受講者の感想文をご覧になるにはこちらをクリックしてください。

【TAカレッジ新橋&TAカレッジ上大岡】
2018年10月から交流分析2級講座は、 TAカレッジ新橋&TAカレッジ上大岡として開講されます。 2018年10月〜2019年3月までの日程が決まりました。 お待ちしております。
詳細はこちらをご覧下さい。 お問い合わせはこちらのアドレスにお願い致します。 ktanaka@kamakuranet.ne.jp